やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2021/07/06
元従業員が源泉徴収票不交付の届出手続を行った場合の対応方法

[相談]

 私は、会社で経理を担当しています。
 先日、所轄税務署から「3ヶ月前に退職した○○さんから、<源泉徴収票不交付の届出書>が税務署に提出された」旨の連絡がありました。
 その「源泉徴収票不交付の届出書」とはどのような届出でしょうか。
 また、○○さんには、年末調整時に源泉徴収票を交付する予定でしたが、どのように対応すればよいのでしょうか。教えてください。


[回答]

 「源泉徴収票不交付の届出書」とは、源泉徴収票が会社等から従業員等に交付されない場合に、源泉徴収票の交付を受けられていない従業員等が税務署に対して行うことができる手続きです。
 中途退職した人については、退職日以後1ヶ月以内に源泉徴収票を交付する必要があります。早急に○○さんへ源泉徴収票を交付しましょう。


[解説]

1.中途退職者に源泉徴収票を交付すべき時期

 所得税法では、給与等の支払をする者(会社、個人事業主など)は、年の中途において退職した人については、原則として、その退職日以後1ヶ月以内に源泉徴収票を交付しなければならないと定められています。

※なお、源泉徴収票は基本的に2部作成する必要があり、退職した人に交付したもの以外は、原則として、その年の翌年1月31日までに税務署長に提出しなければならないと定められています。

2.源泉徴収票不交付の届出手続とは

 源泉徴収票不交付の届出手続とは、源泉徴収票を交付されなかった給与等の受給者が税務署に対して行うことができる手続きです。

 具体的には、給与等の受給者が「源泉徴収票不交付の届出書」を作成し、給与明細書が保存されている場合はその写しを添付して、所轄税務署にその届出書を提出することによって、随時、行うことができます。

 その手続きが行われると、今回のご相談の場合のように、所轄税務署から会社等にその手続きがあった旨の連絡や、源泉徴収票を交付するようにとの指導が入ることとなります。

 上記1.で述べた通り、退職した人の源泉徴収票は、退職日以後1ヶ月以内に交付することと法律で定められていますので、退職者が発生した場合にはその期間内に源泉徴収票を交付できるように注意していただくとよいかと思います。

[参考]
所法226、所規93など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
伊藤智哉税理士事務所
〒511-1141
三重県桑名市長島町間々225
TEL:0594-37-2256 
FAX:0594-37-2066 
対応地域
≪三重県≫
桑名市、長島町、多度町、木曽岬町、いなべ市、東員町、藤原町、大安町、四日市市、川越町、菰野町、朝日町、鈴鹿市、亀山市、津市、松阪市、伊勢市、その他

≪愛知県≫
愛西市、津島市、弥富市、あま市、蟹江町、飛島村、大治町、一宮市、稲沢市、名古屋市、清洲市、北名古屋市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、岩倉市、瀬戸市、尾張旭市、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、その他

≪岐阜県≫
海津市、羽島市、岐阜市、大垣市、養老町、その他

その他の地域もご相談ください。
IT補助金セキュリティアクションロゴマーク